作業効率にこだわりぬいたキッチン作業効率にこだわりぬいたキッチン

一般的なキッチンは、長さ2550mm x 奥行き650mm x 高さ850mmというサイズです。スタイラスは、その規格サイズにとらわれず、更なるキッチンの可能性を見いだす為に緻密なサイズ検証を繰り返した結果、ゼロ動線から生まれる最高の作業性能をデザインしました。それが、長さ2100mm x 奥行き1050mm x 高さ900mmの他には無い『一歩も動かずに料理が完結する』夢の調理器具です。

隠すキッチンから魅せるキッチンへ。

キッチンを魅せることで何が変わるのか。その答えは生活の全てです。今までのLDKは家族が自然と集まる場所があいまいでした。お父さんはリビングに、子供は子供部屋に、お母さんはキッチンにと…。人が美しい自然に魅了されるように、キッチンにもその力があります。暮らすとは、家族が重なり合うこと。「キッチンを開放する」ただそれだけで生活は一変します。

家族を変えるダイニング。

食事だけの場所という概念を覆します。その鍵はダイニングテーブルにありました。スタイラス基準のテーブルサイズであれば、豊かな食事の時間はもちろん、時には人を招いてのレストラン、時には趣味のスペースとして、時には勉強や読書も、色んな家族の楽しさがここにはあります。

畳数計算しないから手に入る快適。畳数計算しないから手に入る快適。

一般的な住宅でレイアウトできるダイニングテーブルの約1.5倍の大きさが生み出す快適。家族や友人が集い、食を通じて心地よい時を共有する唯一無二の場所。だからこそ体感値で設計する。その為には食事中に肘が当たらず、座席後方の動線にしっかり距離があることや、シェア皿をテーブル中央にストレスなく配置できることなど。ダイニングが何畳あるかではなく、ヒューマンスケールを使って快適な数値を導き出せば快適性も家族のコミュニケーションも150%充実するでしょう。

大人の為の、究極プライベート空間。大人の為の、究極プライベート空間。

ソファを置いてもそれを背もたれにしてしまいがち。その原因の多くは、ソファの奥行きの浅さにあります。大人2人がくつろいで映画を観る時にはソファの上でゴロンと横になれる。その為に必要なサイズは?2,400mmx1,100mm以上のカウチソファがそれを叶えてくれるでしょう。

適材適納が生み出す暮らしの美しさ。適材適納が生み出す暮らしの美しさ。

家の使いがっては、収納力によって決まるといっても過言ではありません。必要な場所にきちんと仕舞える収納。それは収納量があれば良い、とは全く違う発想から生まれた「美しく暮らす」為の収納です。2tトラック2台以上の収納容積を適材適所に設計しました。一般的な住宅の収納計画(クローゼットx3、押入れx1)の1.5倍ほどの収納。しかも、使う物が収まるべき所にある収納です。

極上の睡眠をデザインする。

極上の寛げる空間は高級ホテルにありました。そこでは、眠ることはもちろん、音楽を聴いたり、本を読んだり、時にはお酒を飲みながら映画を見たり。クラブフロアとは高級ホテルに設けられている特別な空間で、通常よりワンランク上の設備やサービスを提供する客室のことです。そんな客室に宿泊する時のワクワク感を体感できるように、オープンクローゼット、シアターベッドルームとしての照明設計など、極上のくつろぎ空間を完成させました。配慮の行き届いたリゾートライクな設計を、人生の中で26年以上過ごす寝室に取り入れました。

子供たちの為にもあえて最小限に。子供たちの為にもあえて最小限に。

子供はリビングで育つ。心豊かな成長に必要なコトや、モノは、家族団らんの中にあります。だから家族が集まるKDL空間に最高の快適を設計しました。しかし、決して子供部屋が不必要とは考えていません。一人で泣きたいときもあるでしょう。自我や独立心を育む為にも「個」のスペースは必要最低限のスペースでプランニングするべきだと考えています。